立地が鍵を握る!マンション経営に挑戦しよう

ウーマン

期間限定の賃貸物件

リフォーム

安い賃料で高品質な住居

リロケーションとは英語で移転または配置転換の意味となり、この言葉を利用して転勤者が家を空ける際に、期間限定で賃貸管理する物件をリロケーション物件と言います。家を空ける事情は人それぞれで、転勤はもちろんのこと、相続した不動産があっても住むことができないなどもあります。遠方であれば所有者が自分で管理することが不可能で、売却せずに賃貸利用を目的とする場合に有効な手段となります。所有者がいずれ戻ってきて住むことになるため期間限定の賃貸契約となりますが、リロケーションで提供される物件は、基本的に分譲マンションや戸建てなど、グレードの高い物件になることが多く、借主は通常の賃貸より条件の良い物件に住むことができます。家賃も周辺地域の相場より安く設定されていることも多いので、限定的にお得な住居として利用できるのがメリットです。また、賃貸では2年ごとの契約更新が必要ですが、リロケーションは毛色が違い契約更新という決まりがないため、5年定期の借家であればその期間は住み続けることになっても契約料の負担がありません。貸主としては空き家となった物件を放置したままでは不安が多いので、管理する人が欲しいものですが、借主が住むことで管理の手間が省けます。リロケーション会社が管理する部分もありますが、住人がいれば空気の入れ換えなどが必要なく、住処を維持することができます。空き巣や泥棒といった心配もないので安心して転勤先で仕事ができるのです。