立地が鍵を握る!マンション経営に挑戦しよう

ウーマン

家主の方必見の仕組み

貯金箱

安定的な家賃収入を実現

家賃債務保証では一般的に家を貸す家主の方と直接、家賃債務保証会社が契約を行うのでは無く、不動産賃貸仲介会社あるいは管理会社を介して契約が行なわれます。その不動産賃貸仲介会社あるいは管理会社と家賃債務保証会社との間で業務委託契約が行われる事で、家主の方の家賃保証が行われると言う仕組みです。つまり、家主の方は不動産賃貸仲介会社や家賃債務保証会社に全てを任せていれば、何も行う事無く、貸している物件の家賃が保証されると言う仕組みとなります。もちろん、家主の方にとって家賃を取り損なわないメリットがありますが、不動産賃貸仲介会社としても、滞納者に対しての督促、回収の手間が掛からないので、コストの削減にも繋がります。更に借り手側としても連帯保証人を立てる必要が無いので、賃貸物件を借りるハードルが一気に下がるのです。この様に家賃債務保証は家主、管理会社、借主、三者にとってメリットのある仕組みとなっているのです。特に近年は少子高齢化やグローバル化の影響を受けて、高齢者や外国人の方で賃貸物件を借りる人の割合が増えて来ています。高齢者や外国人の方の場合、連帯保証人を選定するのが難しいケースがあるので借り手の利便性を考える上でも効果的な策と言えるでしょう。実際に家賃債務保証制度を利用して、入居をする場合、所定の審査が各家賃債務保証会社ごとに行われ、その審査に通る事で連帯保証人を立てずに賃貸物件の契約が行えます。